界面活性剤とは


スキンクリームを選ぶ際、そのほかにも洗顔クリームや化粧品を選ぶ際に界面活性剤という言葉を耳にしたり見たことがある人は多いでしょう。あまり良いイメージはなくそれが入っていないものを選ぶ人もいます。この界面活性剤というのはどういうものでしょうか。

界面活性剤というのは界面という物質の境の面に作用し、性質を変化させる物質の総称をいいます。ひとつの分子の中に親水性という水になじみやすいものと油になじみやすい親油性の2つの性質があり、これが混じりあわないものが混じり合い、汚れを落とす洗浄の働きをしてくれます。このような性質があるので化粧品だけでなく食器洗い用の洗剤や洗濯用洗剤にも使われいます。

またこの界面活性剤の中には食品添加物として認められているものもありアイスやホイップクリームなど、油と水を混ぜ合わせるためにも食用のものがつかわれています。

界面活性剤は強い汚れを落とすときには必要不可欠な成分になります。女性は毎日のようにメイクをしたりするので、メイクの汚れを落とすにはこの界面活性剤の力がどうしても必要になってしまうのです。

界面活性剤は負のイメージがとても強いものですが私たちの生活に切っても切れない関係になっています。では、スキンクリームを選ぶ際になぜその成分が入っていない方が好まれるのでしょうか。