スキンクリームの使い方


日常の中で毎日欠かさずしていること、その一つにお肌のケアがあがるのではないでしょうか。特に女性にとってお肌のケアというのは重要視の一つになりでしょう。そのケアによってその日の肌のコンディションが決まってしまうほどです。洗顔をし、化粧水、美容液・乳液をつけ、クリームをつけます。ここまでを基礎化粧といい、多くの人がこの手順でするのですが、ここで個人の差が出てきて、クリームはつける派とつけない派に分かれるのではないでしょうか。

基礎化粧というのはそれぞれの役割がありその順でつけないとあまり意味がなさなくなってしまいます。まず、最初につける化粧水。これは洗顔することにより汚れとともに失ってしまった肌の保湿成分を補ってくれます。化粧水をしっかりと肌の角質層まで浸透させることにより後から付ける基礎化粧が効率よく浸透してくれます。

次に美容液。これはしわやたるみが気になる箇所に有効成分を補ってくれます。たとえば保湿や美白などの目的別に特化しているものです。その後乳液をつけますが、これは油分と水分がバランスよく配合してあり、保湿しながら必要な油分も補ってくれます。

最後にスキンクリーム。これは乳液よりも油分を多く配合されており、これまでの手乳で浸透した有効成分を肌に閉じ込めるフタの役割をしてくれます。

このようにそれぞれの役割がありこの手順でしてこそ効果が発揮されるのですが、特に最後のスキンクリームは油分が多くて肌がテカるとのことで敬遠しがちの人も多いでしょう。しかしながらそれはクリームのせいではないかもしれません。正しい使い方をすれば強い味方になるのではないでしょうか。