界面活性剤不使用がいいわけ

界面活性剤が入っていると皮脂膜まで落としてしまうとか肌バリアを壊してしまうということがあるといわれているからです。界面活性剤は油分と結びつく性質があるので皮脂を落としてくれます。特に洗顔などはそれがないと汚れが落ちにくくなってしまいます。しかしながら皮脂汚れがとれたあともそれが残っていると必要な皮脂や肌のバリア機能を担うセラミドなどの細胞間脂質も流れてしまい、これが乾燥肌や敏感肌につながっていってしまいます。

そういう意味ではやはり肌にやさしい界面活性剤を使用していないものを選びたくなるでしょう。肌に良いスキンクリームとは皮脂の機能を補い肌をガードしたり有効成分を肌に浸透させるものになります。

ではどういったものを選べばいいのでしょうか。肌、特に乾燥肌に効果があるといわれているヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドが含まれているものがいいです。また、純・純正のついているものやオーガニック化粧品などもお肌にはいいようです。

肌にも個性があります。そのため、人が良いといったものでも自分には合わないことはよくあることです。自分に合った肌にやさしいスキンクリームを見つけることが大切なのではないでしょうか。

界面活性剤とは

スキンクリームを選ぶ際、そのほかにも洗顔クリームや化粧品を選ぶ際に界面活性剤という言葉を耳にしたり見たことがある人は多いでしょう。あまり良いイメージはなくそれが入っていないものを選ぶ人もいます。この界面活性剤というのはどういうものでしょうか。

界面活性剤というのは界面という物質の境の面に作用し、性質を変化させる物質の総称をいいます。ひとつの分子の中に親水性という水になじみやすいものと油になじみやすい親油性の2つの性質があり、これが混じりあわないものが混じり合い、汚れを落とす洗浄の働きをしてくれます。このような性質があるので化粧品だけでなく食器洗い用の洗剤や洗濯用洗剤にも使われいます。

またこの界面活性剤の中には食品添加物として認められているものもありアイスやホイップクリームなど、油と水を混ぜ合わせるためにも食用のものがつかわれています。

界面活性剤は強い汚れを落とすときには必要不可欠な成分になります。女性は毎日のようにメイクをしたりするので、メイクの汚れを落とすにはこの界面活性剤の力がどうしても必要になってしまうのです。

界面活性剤は負のイメージがとても強いものですが私たちの生活に切っても切れない関係になっています。では、スキンクリームを選ぶ際になぜその成分が入っていない方が好まれるのでしょうか。

スキンクリームとは

スキンクリームは肌に浸透させた化粧水や油分が肌から蒸発していかないように閉じ込めてる基礎化粧品です。保湿クリーム・美容クリームと呼ばれていたりします。テカりの原因である油分ですが、スキンクリームもその油分の多さからつけると同じような現象が起きたりします。それゆえつけない人も多いのですが、そのべたつきの原因はもしかしたら乾燥からきてることも考えられます。なぜなら肌乾燥することで皮脂をたくさん出し肌を守る性質があるからです。正しい使い方をすれば乾燥もテカりも防いでくれるものがスキンクリームです。

まず、化粧水をしっかりと肌に浸透させます。その化粧水を付けてからすぐに美容液や乳液をつけるのはよくありません。なぜなら化粧水が肌になじんでないからです。化粧水を付けた後数分ほどおいてから乳液や美容液をつけてください。その後さらに数分おいてからスキンクリームをつけましが、そこで注意することは量になります。小指の先ほどの量を頬や顎、おでこにちょこっと載せてから全体に伸ばしてください。仕上げに手のひらと指全体で顔をつつみこむように温めると体温により肌になじんで乾燥しにくくなります。

このことをちゃんとすることにより、それぞれの効果が生かされてきます。そう考えるとやはりスキンクリームは乾燥を防ぐためにちゃんとつけておいたほうがいいのではないでしょうか。ではどんなスキンクリームがあるのでしょうか。

スキンクリームの使い方

日常の中で毎日欠かさずしていること、その一つにお肌のケアがあがるのではないでしょうか。特に女性にとってお肌のケアというのは重要視の一つになりでしょう。そのケアによってその日の肌のコンディションが決まってしまうほどです。洗顔をし、化粧水、美容液・乳液をつけ、クリームをつけます。ここまでを基礎化粧といい、多くの人がこの手順でするのですが、ここで個人の差が出てきて、クリームはつける派とつけない派に分かれるのではないでしょうか。

基礎化粧というのはそれぞれの役割がありその順でつけないとあまり意味がなさなくなってしまいます。まず、最初につける化粧水。これは洗顔することにより汚れとともに失ってしまった肌の保湿成分を補ってくれます。化粧水をしっかりと肌の角質層まで浸透させることにより後から付ける基礎化粧が効率よく浸透してくれます。

次に美容液。これはしわやたるみが気になる箇所に有効成分を補ってくれます。たとえば保湿や美白などの目的別に特化しているものです。その後乳液をつけますが、これは油分と水分がバランスよく配合してあり、保湿しながら必要な油分も補ってくれます。

最後にスキンクリーム。これは乳液よりも油分を多く配合されており、これまでの手乳で浸透した有効成分を肌に閉じ込めるフタの役割をしてくれます。

このようにそれぞれの役割がありこの手順でしてこそ効果が発揮されるのですが、特に最後のスキンクリームは油分が多くて肌がテカるとのことで敬遠しがちの人も多いでしょう。しかしながらそれはクリームのせいではないかもしれません。正しい使い方をすれば強い味方になるのではないでしょうか。