界面活性剤不使用がいいわけ


界面活性剤が入っていると皮脂膜まで落としてしまうとか肌バリアを壊してしまうということがあるといわれているからです。界面活性剤は油分と結びつく性質があるので皮脂を落としてくれます。特に洗顔などはそれがないと汚れが落ちにくくなってしまいます。しかしながら皮脂汚れがとれたあともそれが残っていると必要な皮脂や肌のバリア機能を担うセラミドなどの細胞間脂質も流れてしまい、これが乾燥肌や敏感肌につながっていってしまいます。

そういう意味ではやはり肌にやさしい界面活性剤を使用していないものを選びたくなるでしょう。肌に良いスキンクリームとは皮脂の機能を補い肌をガードしたり有効成分を肌に浸透させるものになります。

ではどういったものを選べばいいのでしょうか。肌、特に乾燥肌に効果があるといわれているヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドが含まれているものがいいです。また、純・純正のついているものやオーガニック化粧品などもお肌にはいいようです。

肌にも個性があります。そのため、人が良いといったものでも自分には合わないことはよくあることです。自分に合った肌にやさしいスキンクリームを見つけることが大切なのではないでしょうか。